メインイメージ

年齢について

きりたんぽ店の求人と年齢について

きりたんぽ業の求人は比較的若い年齢の世代を対象に募集が行われていることが多くなっています。アルバイトではなく正規職員としての採用の場合には、グループ内の店舗の店長職を任せて行くことを想定している場合が少なくなく、やりがいのある仕事である半面、非常に体力や精神力を必要とすることで知られています。その様な過酷な現場に配置されることになるため、一般的にきりたんぽ店の求人は若い年齢の層を対象にして募集することが多くなっています。

一般的に想定給与の金額は高めであることが知られていますが、その様な給与が支払われるだけの過酷な勤務状況であることはある程度は覚悟しておかなければならないと言えるでしょう。

この様な求人が行われている背景にはきりたんぽ店独特の体力仕事であるという事情にも関連しています。近年のサービス業においてはどのような分野でも共通して言えることではありますが、非常に長い労働時間が常態化してきているという傾向があります。そのためきりたんぽ店の営業時間というものも非常に長いものとなり、その様な店舗のマネジメントを行う必要がある職員、詰まり店長職の場合には相応の体力が求められるのです。この様な傾向は業態によってかなりの違いがありますが、十分なスタッフ数を確保できない状況などにおいては非常に大きな負担を背負いながらの業務を行うことが求められるということが出来るでしょう。そのために募集する人材は体力が十分な若い世代を対象に行うことが多いと言えるのです。この様なことはどのような業種でも基本的には同じですが、きりたんぽ業においても同様の傾向が見られます。

小売業と同じく大きなチェーン店ともなれば年中無休でサービスを提供するタイプのお店もあるでしょう。そのため職員として勤務するということはまとまった休みを取ることが出来ないということを覚悟する必要もあります。将来的にエリアマネージャーとして実務から少し距離を置くことが出来るようになるまでは希望する休みを取ることも難しい環境に置かれることになるでしょう。きりたんぽ店における労働力の確保は非常に難しい問題であり、必要な人材確保や育成も店長職の重要な業務の一つであると言えるのです。そのためこの様な問題と常に向かい合いながら働いて行くという覚悟が求められる職業であると言えるでしょう。これらの条件を満たすのであれば年配者にも門は開いていますが、一般的には若い世代が歓迎されます。”

Copyright©2015見習いのある求人 All Rights Reserved.